東京都内港区のうづまこ陶芸教室です。初めての方も楽しめる一日体験も人気です。

陶芸で夏休み宿題&自由研究

陶芸で個性的な工作・自由研究をしよう。

夏休み 子供自由研究

うづまこ陶芸教室の夏休み自由研究は、お子様の興味に合わせて、3つのプランからお選びいただけます。
自由研究を通じ、陶芸だけでなく科学、他文化や歴史に触れることができます。
想像力を豊かにする造形と、調べる力を高める研究をそなえた夏休みの自由課題として毎年ご好評を頂いております。

金属の化学変化プラン

<研究の目的:金属とガラスを一緒に焼いて、色の変化を観察しましょう。>

陶芸は実は理科の化学実験の勉強もできるのです!エヘン!
好きな形のお皿を作った上に、砂鉄、釘、クリップや針金など、色んな種類の金属を置いて焼いてみましょう。
見た目は同じ色でも、性質の違う金属同士では、焼いてみると色も全く違う色になります。
もし変わるとしたら、どう変わるかな?
どうして変わるのかな?
焼いた後のことも想像してみましょう。

  • 夏休み陶芸自由研究
    自分の身のまわりにある金属をあつめましょう!
  • 夏休み子供自由研究
    ねんどでお皿をつくります。
  • jiyukenkyu1-3
    自分で好きな金属をお皿にのせましょう
  • jiyukenkyu1-4
    小さくしたガラスのビンをお皿にのせます。
  • 自由研究,子供
    さて、何色になるかな?

陶芸の歴史と作り方を学ぶプラン

<研究の目的:陶芸の作り方と歴史の研究をしましょう。>

皆さんがご飯を食べるときに使っているお皿たちは何で出来ていますか?
プラスチックでしょうか?木でしょうか?焼き物で出来ているものもたくさんありますね。
何気なく日常で使っている焼き物は、実は何千年も、何万年も昔からあります。
そんなに長い間、人々の生活で使われている焼き物は、いったいどのようにつくられてきたのでしょうか?
その長い歴史を勉強してから実際に作って、使って体験してみましょう。
夏休み,小学校,陶芸,自由研究
子供陶芸体験
子供陶芸作品

縄文土器を作るプラン

<研究の目的:縄文人の気持ちになって自分の土器を作りましょう。>

学校の歴史の授業で習った縄文式土器など、昔の人が作った土器を自分でも作ってみましょう!
縄目模様で有名なの縄文式の他にも、すっきりした形の弥生式、洗練された須恵器など、自分が好きな土器に挑戦できます。
昔の人の気持ちになって、形や飾りを作りましょう。
粘土で作ったひもを積み重ねて、少しずつ器を大きくしていきます。
作り終わったら、自分が作った土器は昔の人たちにどのように使われていたのかを調べるとより一層、歴史への理解が深まります。
また、土鍋用の粘土を使用すれば火に掛けることもできます。(オプション)

  • IMG_1148
  • IMG_1142

※作品の大きさによって授業の回数が変わります。ご相談ください。
オプション:土鍋土(火にかけても使えます) 1kg 350円

受講料 7,500円(別途焼成費がかかります。)
制作時間 2時間
焼成費 縦×横×高さ×1.5円
追加授業料 1回(1時間)につき 3,000円 ※追加授業とは日を改めて制作にお越しになる事を指します。同日中の延長は1時間につき1,500円です。
持ち物 ノート、筆入れ、作りたい物がある場合は作りたい物の写真など
(化学変化コースは焼いてみたい金属があればお持ちください。尚、焼くと危険だとこちらで判断した場合は使えない時もあります。)
コースに含まれる物 ■レポート用紙・資料つき
■作業中の写真をサービスで撮影致します。こちらでもカメラをご用意しております。
受講中のお付き添い 幼稚園のお子様までOK
写真撮影 夏休み中に限り、通常の子供陶芸体験ご参加の方の写真撮影はご遠慮いただいております。なにとぞご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
夏休み自由研究コースご参加の方は、ご本人やお付き添いの方も、ご自由に写真をお撮りいただけます。
焼成受付最終日 夏休み中にお引き取りご希望の場合には8月28日までにお越しください。
(夏休み最終日が2016年8月31日の場合)
乾燥時間の関係上、作品の大きさ、種類により、最終受付日が変わります。
・縄文土器(大) 8/19まで
・縄文土器(中・小) 8/22まで
・土器以外の作品を粘土から作る場合 8/25まで
・絵付けだけの体験 8/28まで
※作品の大きさに応じて制作日数が変わります。特に、大きな作品は2、3回~の受講が必要になってまいりますので、上記日程までにかたちが完成するようお越し下さい。
夏休み特急料金 8月20日以降は特急料金がかかります。
(2016年8月31日にお渡しの場合)
8/20~24日 4000円
8/25~28日 6000円

お申込み・お問合せ

縄文土器 小
縄文土器,夏休みこども陶芸体験1 授業料: ¥7,500~
焼成費: 縦×横×高さ×1.5円
サイズ:約20×20×13cm
制作時間: 2時間
完成日数: 3週間
オプションで特急仕上げも可能です。

縄文土器 中
縄文土器,夏休みこども陶芸体験2 授業料: ¥10,500~
焼成費: 縦×横×高さ×1.5円
サイズ: 約26×26×26cm
制作時間: 2時間×2回(計4時間)
完成日数: 3週間
オプションで特急仕上げも可能です。

縄文土器 大
縄文土器,夏休みこども陶芸体験3 授業料 ¥13,500~
焼成費 縦×横×高さ×1.5円
サイズ:約30×30×30cm
制作時間 2時間×3回(計6時間)
完成日数 3週間
オプションで特急仕上げも可能です。

お申込み・お問合せ

うづまこ陶芸教室の自由研究は、発表に便利なうづまこオリジナル大判レポート用紙付き

まとめた研究を、レポート用紙に書き込んで発表しよう!
焼きあがった作品に添えて、横42センチ×縦59センチのうづまこオリジナル・レポート用紙に、写真を貼ったり研究結果を書いて提出すれば、夏休みの自由研究はカンペキです。

  • kenq枠線入りなのでレイアウトもらくちん
  • report_pp渡辺先生の体もすっぽり隠れてしまう大判サイズ

夏休みの自由研究の決め方

まわりの自然や出来事、現象に目を向けましょう。
普段身の回りにある当たり前のことも、よく見てみると「なんでだろう?」と思うことがたくさんあります。
そこから自由研究が始まります。
そして、実験・観察などを通して科学への興味・関心を育てましょう。

自由研究の目的

夏休みの自由研究では次の力を身に付けることを目指しています。

(1)自分で問題を解決していく力

…自分が持った疑問を,自分の力で計画を立て,解決していく力

(2)筋道を立てて考える力

…研究の結果から得られたことは正しいか,研究方法は適切かを考える力

(3)記録を整理し,表現する力

…図やグラフうまく使ってレポートとしてまとめる力

夏休みの自由研究のテーマの決め方

大切なのは自分が興味を持ったものや不思議に思ったことから選ぶことです。
楽しくやるために好きなことを研究するのがよいでしょう。
また、今話題になっていることを研究してみるのも良いかもしれません。
さらに、最後まで研究出来そうな内容、材料のそろうもの、危険ではないものをえらびましょう。

研究の過程や成果をまとめる

まとめ方るで同じ研究でも大きく評価が変わります。
分かりやすさを重視して、写真やグラフなどを用いて読む人の興味を引くように工夫しましょう。
(1)研究テーマ…何を研究するのか。
(2)研究のきっかけ…どうしてその研究をしようと思ったのか
(3)研究の目的…その研究から何を明らかにしたいのか
(4)研究の方法(観察したり実験したりしたこと)

a.何を何を使って調べようとしたか (できるだけ具体的に。実際の写真などを取り入れるとよい)
b.どのような方法で調べたか 、詳しく説明する。
c.どんな結果がでるか予想を立てる
d.どんな結果が得られたか(グラフや写真などを用いて)

(5)まとめ…結果から得られたことは何か。予想と合っていたこと、違がったことをまとめる。
(6)感想…研究をしてみた感想。自分がした研究が今後どう活かせるか。

最初に道すじを考えて、自由研究にとりかかれば、より深い理解につながるよ。
今年はひとまわりもふたまわりも成長して、忘れられない夏休みにしよう!

お申込み・お問合せ